五条先生の反応集【呪術廻戦】の生涯総収益・月間収益・一日の収益はどのくらい?

五条先生の反応集【呪術廻戦】

五条先生の反応集【呪術廻戦】のチャンネル収益

生涯総収益1,810万3,586円~1億344万9,068円
年収1,913万5,886円~7,654万3,545円
月収159万4,657円~637万8,628円(先月の月収予想)
一日の収益11万2,899円~45万1,596円(昨日の収益予測)
動画一本の収益平均6万5,592円~37万4,815円(総再生回数と投稿数から算出)

収益予測に幅があるのは、動画再生時間(通常動画やショートなどの違い)やジャンル、視聴者層等など複数の指標によって収益が決定されるためです。 詳しくは以下の項目をご参照ください。

※なお広告収益はすべての動画が広告配信ON状態であることを前提としているため完全に実際の収益を反映しているわけではありません。ご了承ください。

YouTube収益の考え方・計算方法

YouTubeの収益は、ある程度ざっくりとした収益を計算することが可能です。 動画の収益は以下の指標によっておおむね決定されます。

  • 視聴回数
  • 動画ジャンル
  • 動画時間
  • 時期・季節
  • 視聴者層

視聴回数×動画ジャンル×動画時間×時期・季節でその動画収益が決まります。

視聴回数について

視聴回数は動画収益に最もおおきな影響を与える指標です。 視聴回数がおおければ多いほど配信される広告数が増えるため、収益が増加します。

動画ジャンルについて

動画ジャンルも収益に非常に大きな影響を与えます。YouTubeの広告は、 視聴者と関連の強い広告を配信し、広告のエンゲージメントを高める仕組みになっています。 また広告枠購入は競売となっているため、より多くの広告主が多くの広告料を支払う広告に関連した内容の動画ジャンルは、 YouTubeの広告単価も高くなる傾向にあります。

例えば、以下のジャンルには多くの広告費が支払われている傾向があります。

  • 不動産
  • 投資・金融
  • 法律
  • 美容・健康
  • 転職

などの分野は広告主も大きく、取引の単価が比較的高いことから、それらに関する動画に関しても、 広告単価が上がることになります。つまり一再生回数あたりの収益があがることになります。 後に紹介する指標に関しても関連してきますが、 上記の分野に関連するチャネルの動画なら一再生回数あたり1~5円程度もありうる範囲です。

逆に、エンタメや炎上系、面白ショート動画等は、 関連する企業や商品がない場合が多いため、競争率が低く、結果として一再生回数あたりの広告単価が下がる傾向にあります。 少ない場合では、一再生回数あたり0.1円を下回るケースもあります。同じ視聴回数でもジャンルによって10倍程度の収益の差が生まれることがあるということです。

動画時間

動画時間というのは、動画そのものの長さ、動画の再生時間両方の意味を含みます。YouTubeの基本的な仕組みとして、8分以上の動画には複数タイミングで広告を挿入することが できるため、その分収益があがります。また動画が長いほど、広告を挟むゆとりを持つため、その分広告数が増えて、結果的に一再生回数あたりの収益が増えることがあります。 ただしむやみに動画長くもても、途中でユーザーが離脱してしまう場合は、エンゲージメントの低い動画とみなされ、結果として視聴回数がさがり、広告単価も下がってしまう場合があります。

時期・季節

日本国内においては、年末や年度末などに広告出稿が増える傾向があり、その結果として競売によって広告単価が上がることがあります。 その他にも、関連する分野の繁忙期や売上が高くなる季節などに広告単価が上がる傾向があります。

視聴者層

動画を視聴する年齢層や性別によって広告単価が変わります。例えば一般的に広告のエンゲージメントが低いと言われる若年層よりも、 広告をクリックしたり、広告が購買に繋がりやすい40代以上の年齢層に関連した動画のほうが広告単価が上がる傾向にあります。